【お知らせ】宮城県小学生プログラミング大会で最優秀賞・清水建設賞を受賞!

  • ホーム
  • 【お知らせ】宮城県小学生プログラミング大会で最優秀賞・清水建設賞を受賞!
シェイプイメージ1
【お知らせ】宮城県小学生プログラミング大会で最優秀賞・清水建設賞を受賞!

宮城県小学生プログラミング大会

仙台五橋校 石川颯亮くん(小学4年生)が最優秀賞を受賞!

宮城県小学生プログラミング大会とは?

河北新報社、東北工業大学、全国新聞社事業協議会が共同で主催する、宮城県内の小学校に在籍する小学生を対象としたプログラミングコンテストです。
今年度からプログラミング教育が必修化されるなか、プログラミングをより身近に感じてもらう機会になることを願い、子どもたちのプロデュース力や考える力、表現力の向上を目的に2020年11月22日(日)に開催されました。本コンテストに向けて、河北新報社、東北工業大学、仙台城南高校の3者が、プログラミング作品の事例紹介や、Scratchやmicro:bitを使ったプログラミング体験を提供するプレイベントを9月に実施するなど、宮城県をあげてプログラミングに関心を持つ小学生を支援する取り組みが行われました。

コンテストのテーマ

本コンテストは「もっと好きになる わたしたちのまち」というテーマで作品を募集し、集まった28作品の中から選出された12名の小学生が11月22日(日)に東北工業大学八木山キャンパスで行われた同大会のプレゼンテーション審査へ挑みました。審査は、発想力40点、表現力30点、技術力30点(合計100点)という配分で、発想力、表現力が重視され、最優秀賞、優秀賞、優良賞、審査員特別賞の6名が決定し表彰されました。結果は以下の通りです。

石川颯亮さん(小学4年生)  作品名「牛タン拾いまくれ!!」

受賞コメント:「地元の名物を生かした作品にしたかった。全国大会では焦らず発表したい」

●審査員

安藤明伸先生 (仙台市教育委員会プログラミング教育研究部会アドバイザー)
室山真徳先生 (東北工業大学工学部 電気電子工学科准教授) 
佐藤健一先生 (東北工業大学 技術支援センター 技術主任)
千葉俊哉先生 (仙台城南高等学校 探究科長)
鈴木紳一氏  (河北新報社 取締役事業局長)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロスタキッズを無料体験する

教室またはオンラインで60分のプログラミング体験

小学生向けプログラミング教室
『プロスタキッズ』

すべての人に創るチカラを。Grow with Creativity
すべての人が創る力を手に入れるには、はじめての創造体験を提供すること。その後、本人が創造する楽しさに気がつけば何度も何度も繰り返し創造体験したくなる。そうしていると世界中のみんなに必要なものが 想像できるようになり、新しい未来が創造される。

Copyright © 2019 Mr.Fusion Co., Ltd All Rights Reserved.